かきおこしラボ

ラジオで紹介された音楽を深掘り〜聴き放題サブスク用ライナーノーツ風ブログ

MUSIC

DaBabyがジョージ・フロイドの死をラップとともに再現したBLMを象徴するパフォーマンス

投稿日:

グローバルチャートを席巻中のDaBaby(ダベイビー)の「ROCKSTAR ft. Roddy Ricch」は、昨今のブラック・ライヴス・マター(BLM)にも連動し2020年を代表するヒット曲となっている。

この曲は4月に発売されたアルバム『Blame it on Baby』に収録された警察をそれをとりまく社会への批判を込めた楽曲で、はからずもジョージ・フロイドの死を受け「ROCKSTAR (BLM REMIX)」としてブラッシュアップした形で再リリースされた。

そんななか象徴的かつこの曲の存在意義を知らしめたのが、6月28日に行われたケーブル局BET(ブラック・エンターテイメント・テレビジョン)主催のアフリカ系アメリカン人のアワードのひとつBETアワードでのバーシャルパフォーマンス映像だ。

ことしはコロナウィルスの影響でバーチャル環境での授賞式になったBETアワードだが、今年はBLMを全面に押し出した内容になった。このアワードの模様とDaBabyの「ROCKSTAR」パフォーマンスについて音楽ライターの渡辺志保さんがBayFMの番組「MUSIC GARAGE : ROOM 101」で解説した。

(BETアワードが)圧巻だったのは、ほぼほぼ全編をブラック・ライブズ・マターの運動と絡めてアウォードを作りあげていたんですね。

最初もPublic Enemy(パブリック・エネミー)の「Fight the Power」という超有名曲がありますけれど、そこにNasとかThe Roots(ザ・ルーツ)のBlack Thought(ブラック・ソート)、Rapsody(ラプソディ)、YGたちが参加して「Fight the Power2020」というバージョンを作り直してですね、それをBETアワーズの幕開けとして放送していたりとか、過去のフッテージを使ってJames BrownとかPrinceの印象的なスピーチであるとかパフォーマンスを差し込んで…改めて黒人であることとか、自分たちが作ってきたカルチャーということを前面に押し出すようなところもあったりで、本当に感動しっぱなしの3時間という感じでございました。

そこでですね、本当に名だたるアーティストたちがパフォーマンスを繰り広げたワケですけど、中でも非常に評価が高かったのがこのDaBabyの「ROCKSTAR」のパフォーマンスだったんですね。

DaBabyはこの「ROCKSTAR」の“BLM REMIX=ブラック・ライブズマター・リミックス”という曲を少し前に発表しておりまして、そのリミックスバージョンをアウォードではパフォーマンスしたんですけど、冒頭から地面に、道路にDaBabyがですね、顔を押さえつけられて、しかも警官とおぼしき人が、彼のヒザでDaBabyの首元を押さえつけながら、でその状態でDaBabyがラップをしているという、まさにミネアポリスでジョージ・フロイドさんが殺害されたときと同じ格好でラップをするという見ているだけでめちゃめちゃ胸が締め付けられるような映像でした。

でその後にプロテストの様子を模したステージ上に移動してくるわけですけど。何かでそれがソーシャルメディア上、ツイッターなどでわーっと“DaBaby”がトレンドワード入りするようなことにもなっていましたし、多くの人の心を動かしたんじゃないかなというふうに思います。

渡辺志保 BayFm「MUSIC GARAGE : ROOM 101」7月10日放送より

notfaleawaySQ_ad01




notfaleawaySQ_ad01




-MUSIC
-,

執筆者:

関連記事

坂崎幸之助とタブレット純が語るグループ・サウンズの世界(3)行川アイランドとグループ・サウンズの話

JFN系『坂崎さんの番組という番組』に芸人のタブレット純が出演。著書『タブレット純のGS聖地純礼』(星雲社)の冒頭にも登場する行川アイランドとグループ・サウンズとの関わりについて語った。 グループ・サ …

「もしビートルズがいなかったら」(2)ビートルズがライブをやめてレコーディングに専念していなかったら?西寺郷太が解説

映画『イエスタデイ』日本での公開を前に「もしもビートルズがいなかったら」をテーマに放送されたJ-WAVEの「J-WAVE SELECTION THE WORLD WITHOUT THE BEATLES …

【対談】細野晴臣×川添象郎『細野さんと語ろう!』トーク YMO海外成功のキーマン川添象郎の破天荒な人生

インターFM「Daisy Holiday!」(2019年10月20日放送)で、 細野晴臣の音楽活動50周年記念イベント『細野さんと語ろう!~デイジーワールドの集い~」』(10月14日)での音楽プロデュ …

松任谷由実が語る60年代当時の東京の音楽シーンと当時の洋楽へのアクセス方法

J-WAVE「RADIO DONUTS」に松任谷由実が出演。デビューのきっかけや70年代の東京の音楽シーンについて話した。 デビューのこと初恋の人のこと 【渡辺祐】ユーミンの過去のお話も伺っていきたい …

坂崎幸之助とタブレット純が語るグループ・サウンズの世界(2)いつの間にかムード歌謡化していたGS

JFN系『坂崎さんの番組という番組』に芸人のタブレット純が出演。著書『タブレット純のGS聖地純礼』(星雲社)の紹介はさて置き、タイガースのGSブームを体験している坂崎と後追い世代のタブレット純が、GS …