かきおこしラボ

ラジオで紹介された音楽を深掘り〜聴き放題サブスク用ライナーノーツ風ブログ

MUSIC

DaBabyがジョージ・フロイドの死をラップとともに再現したBLMを象徴するパフォーマンス

投稿日:

グローバルチャートを席巻中のDaBaby(ダベイビー)の「ROCKSTAR ft. Roddy Ricch」は、昨今のブラック・ライヴス・マター(BLM)にも連動し2020年を代表するヒット曲となっている。

この曲は4月に発売されたアルバム『Blame it on Baby』に収録された警察をそれをとりまく社会への批判を込めた楽曲で、はからずもジョージ・フロイドの死を受け「ROCKSTAR (BLM REMIX)」としてブラッシュアップした形で再リリースされた。

そんななか象徴的かつこの曲の存在意義を知らしめたのが、6月28日に行われたケーブル局BET(ブラック・エンターテイメント・テレビジョン)主催のアフリカ系アメリカン人のアワードのひとつBETアワードでのバーシャルパフォーマンス映像だ。

ことしはコロナウィルスの影響でバーチャル環境での授賞式になったBETアワードだが、今年はBLMを全面に押し出した内容になった。このアワードの模様とDaBabyの「ROCKSTAR」パフォーマンスについて音楽ライターの渡辺志保さんがBayFMの番組「MUSIC GARAGE : ROOM 101」で解説した。

(BETアワードが)圧巻だったのは、ほぼほぼ全編をブラック・ライブズ・マターの運動と絡めてアウォードを作りあげていたんですね。

最初もPublic Enemy(パブリック・エネミー)の「Fight the Power」という超有名曲がありますけれど、そこにNasとかThe Roots(ザ・ルーツ)のBlack Thought(ブラック・ソート)、Rapsody(ラプソディ)、YGたちが参加して「Fight the Power2020」というバージョンを作り直してですね、それをBETアワーズの幕開けとして放送していたりとか、過去のフッテージを使ってJames BrownとかPrinceの印象的なスピーチであるとかパフォーマンスを差し込んで…改めて黒人であることとか、自分たちが作ってきたカルチャーということを前面に押し出すようなところもあったりで、本当に感動しっぱなしの3時間という感じでございました。

そこでですね、本当に名だたるアーティストたちがパフォーマンスを繰り広げたワケですけど、中でも非常に評価が高かったのがこのDaBabyの「ROCKSTAR」のパフォーマンスだったんですね。

DaBabyはこの「ROCKSTAR」の“BLM REMIX=ブラック・ライブズマター・リミックス”という曲を少し前に発表しておりまして、そのリミックスバージョンをアウォードではパフォーマンスしたんですけど、冒頭から地面に、道路にDaBabyがですね、顔を押さえつけられて、しかも警官とおぼしき人が、彼のヒザでDaBabyの首元を押さえつけながら、でその状態でDaBabyがラップをしているという、まさにミネアポリスでジョージ・フロイドさんが殺害されたときと同じ格好でラップをするという見ているだけでめちゃめちゃ胸が締め付けられるような映像でした。

でその後にプロテストの様子を模したステージ上に移動してくるわけですけど。何かでそれがソーシャルメディア上、ツイッターなどでわーっと“DaBaby”がトレンドワード入りするようなことにもなっていましたし、多くの人の心を動かしたんじゃないかなというふうに思います。

渡辺志保 BayFm「MUSIC GARAGE : ROOM 101」7月10日放送より

notfaleawaySQ_ad01




notfaleawaySQ_ad01




-MUSIC
-,

執筆者:

関連記事

桑田佳祐が語るビートルズの使った独特すぎる楽器たち

TOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜あそび」でビートルズを特集。桑田佳祐がリスナーの質問を受けて、ビートルズの使った楽器について語っている。 ビートルズがはじめてレコーディングで使った楽器は? 新た …

「もしビートルズがいなかったら」(2)ビートルズがライブをやめてレコーディングに専念していなかったら?西寺郷太が解説

映画『イエスタデイ』日本での公開を前に「もしもビートルズがいなかったら」をテーマに放送されたJ-WAVEの「J-WAVE SELECTION THE WORLD WITHOUT THE BEATLES …

Krevaがヒップホップにハマるきっかけは「ボビー・ブラウンに似た人」だった

80年代後半ダンスブームや輸入盤CDがもてはやされた時代 世間のヒップホップの認知度は? KrevaがJ-WAVE『SEIKO SOUND STORAGE』のゲストとして出演。自身のヒップホップとの出 …

「『プロレススーパースター列伝』がヒント」KIRINJI(キリンジ)堀込高樹はなぜプロレスの曲「悪玉」を書いたのか?

ラジオ日本「真夜中のハーリー&レイス」(2019年11月3日放送)にKIRINJIの堀込高樹が出演。清野茂樹がKRINJI唯一のプロレスを題材にした曲「悪玉」の誕生のいきさつについて聞いた。 プロレス …

【話題のバンドの音楽ルーツ】the engyのフロントマン・山路洸至の場合「今年マーヴィン・ゲイを発見しました」

J-wave「TOKIO HOT 100」 hot 100」に10月29日にメジャーデビューEP『Talking about a Talk』をリリースするthe engyのフロントマン・山路洸至が出演 …