かきおこしラボ

ラジオで紹介された音楽を深掘り〜聴き放題サブスク用ライナーノーツ風ブログ

MUSIC

ニューオーリンズで録音されたMaceo Parker(メイシオ・パーカー)の2020年最新アルバム

投稿日:

ファンクミュージックのレジェンド、サックス奏者のMaceo Parker(メイシオ・パーカー)がニューアルバム「Soul Food: Cooking With Maceo」をリリース。

NHK FM「ウィークエンドサンシャイン」でピーター・バラカンさんがアルバムからカバーしたThe Meters(ミーターズ)の楽曲「Just Kissed Baby」とHugh Masekela(ヒュー・マセケラ)の楽曲「Grazing In The Grass」をピックアップしアルバムについて解説した。

ファンク・レジェンドMaceo Parker(メイシオ・パーカー)とは

Maceo Parker2020年最新作

1943年ノースカロライナ州出身。1960年代にジェイムス・ブラウンのバックバンド「JB’s」のメンバーとして参加。1970年代にソロ・アーティストとしても活躍し、1970年代半ばごろからはジョージ・クリントンのPファンクに参加した。

その後もロック、ジャズなどの有名アーティストの作品への参加や、プリンスのNPGのサポートメンバーとしても活躍している。

2020年発表の最新アルバム『Soul Food: Cooking With Maceo』はニューオリンズ録音。

90年代の名作以来の快作

70年代からソロ名義でアルバムをリリースしてきたメイシオ・パーカー。特に90年代から00年代に精力的に発表してきた作品には傑作も多い。

Maceo Parkerはちょこちょこちょこちょこアルバムを出していますけど、個人的には「Mo’ Roots」(1991年)という名盤が90年代の頭にあったんですけど、ほぼ30年ぶりぐらいに「わあ!いいなあ」というアルバムでしたね。

全面的にニューオーリンズで録音していてホーンセクションは本人含めて4人ないし5人?がいるんですけど。あとリズム・セクションがみんなニューオーリンズのミュージシャンたちです。

NHK FM「ウィークエンドサンシャイン」2020年7月11日放送より

最新アルバムの参加メンバーについて解説している。

キーボードはIvan Neville(アイヴァン・ネヴィル)アート・ネヴィル(ネヴィル・ブラザーズ)の息子だったっけ?いつも誰が誰の息子だったか忘れちゃうんですけど…(正しくはアーロン・ネヴィルの息子)

アイヴァン・ネヴィルがキーボードで、ギターは“Big D”Derwin Perkins(ダーウィン・パーキンス)。彼はいち時期Jon Cleary(ジョン・クレアリー)のthe Absolute Monster GentlemenのメンバーだったりBoukou Grooveというグループのメンバーだったり日本にも来たことのある素晴らしいギタリストです。

ベースはTony Hall、一時期ネヴィル・ブラザーズのメンバーでした。ドラムスはNikki Glaspie(ニッキー・グラスピー)女性ですDumpstaphunk(ダンプスターファンク)のドラムだったし最近セッションで色々な人バックでやってる素晴らしドラマーですけど。

そんなメンバーで作ったアルバムでニューオーリンズに深く関係関係した曲といえば今のもの(Just Kissed Baby)とAllen Toussaint(アラン・トゥーサント)の「Yes We can can」があります、あとDr. Johnの「Right Place, Wrong Time」もやってますね。あとはPrinceの曲があったり「Compared To What」という有名な曲をやっていたりロックステディもやっていたりRay Charlesの「Hard Times」があったりメイシオの昔の曲を再演したりしているんですけどとても気に入ったアルバムです。

NHK FM「ウィークエンドサンシャイン」2020年7月11日放送より

新作はYouTubeでも全曲試聴が可能

メイシオ・パーカー「Just Kissed My Baby」

なおアルバム「Soul Food: Cooking With Maceo」はYouTubeでも全曲試聴可能です。
https://www.youtube.com/channel/UCqZy-Cug3HsvtN_5e4K5TZQ/videos

notfaleawaySQ_ad01




notfaleawaySQ_ad01




-MUSIC

執筆者:

関連記事

ビートルズ『アビイ・ロード』50周年「The End」のギターソロの振り分け部分に違和感を感じる理由

ラジオ日本「THE BEATLES 10」のビートルズ『アビイ・ロード』50周年記念エディションについて。「「The End」のギター・ソロの振り分けは果たしてこれで良かったのか?」という話題に、カン …

ビートルズ『アビイ・ロード』リリース時の「ポール死亡説」とジャケットの裏話

ラジオ日本「THE BEATLES 10」のビートルズ『アビイ・ロード』50周年記念エディション・リリース前の話題を抜粋。改めて当時話題になった「ポール死亡説」や新たに50周年盤に収録された別の場所か …

坂崎幸之助とタブレット純が語るグループ・サウンズの世界(4)意外な人のGS歴を探る

JFN系『坂崎さんの番組という番組』に芸人のタブレット純が出演。著書『タブレット純のGS聖地純礼』(星雲社)から広がるディープ過ぎるグループ・サウンズの世界の話は続きます。 もともと違うバンドがグルー …

「『プロレススーパースター列伝』がヒント」KIRINJI(キリンジ)堀込高樹はなぜプロレスの曲「悪玉」を書いたのか?

ラジオ日本「真夜中のハーリー&レイス」(2019年11月3日放送)にKIRINJIの堀込高樹が出演。清野茂樹がKRINJI唯一のプロレスを題材にした曲「悪玉」の誕生のいきさつについて聞いた。 プロレス …

「もしビートルズがいなかったら」(1)ビートルズがレコーディング業界にもたらした革新性を西寺郷太が解説

映画『イエスタデイ』日本での公開を前に「もしもビートルズがいなかったら」をテーマに放送されたJ-WAVEの「J-WAVE SELECTION THE WORLD WITHOUT THE BEATLES …