かきおこしラボ

ラジオで紹介された音楽を深掘り〜聴き放題サブスク用ライナーノーツ風ブログ

MUSIC

細野晴臣・伊藤ゴローが語るジョアン・ジルベルト(3)

投稿日:

インターFM「Daisy Holiday!」でジョアン・ジルベルトの追悼特集第2週目(2019年10月13日放送)。

名盤『ゲッツ/ジルベルト』の話題や、伊藤を中心に細野も参加した2013年のトリビュート・アルバム『ゲッツ/ジルベルト+50』についてなど、ジョアン・ジルベルトにまつわる話が続く。

ジョアン・ジルベルトの葬儀での「Chega de saudade」大合唱

【細野晴臣】こんばんわ細野晴臣です。今日も先週に引き続き伊藤ゴローさんに来ていただいています。よろしくね。
【伊藤ゴロー】よろしくお願いします。

【細野晴臣】ジョアン・ジルベルト特集です。早速だけどジルベルト追悼アルバムとか考えていないんですか?

【伊藤ゴロー】たまに「作ったらどうだ」という話はあるんですけど、細野さんどうですか?
【細野晴臣】いや僕…(笑)手伝うけど。作る時は。
【伊藤ゴロー】本当ですか? じゃあ作ろうかな。いいこと聴いた。

【細野晴臣】ジョアン・ジルベルトってブラジルで亡くなった後って、どういう感じなんだろう。
【伊藤ゴロー】そうですよね。
【細野晴臣】何か、どういう…やっぱり大人気でしょ?

【伊藤ゴロー】まあ、そうですよね。何か葬式の映像をちょっと見ましたけど、棺の前でみんなが「Chega de saudade」を歌っているのをちょっと見ましたけど。特別なショーですよね。

【細野晴臣】神様って言われているけど、そんな感じだよね。じゃあ、神様の曲聴かせてください。

【伊藤ゴロー】何がいいんでしょうね。じゃあ、あの「Chega de saudade」(想いあふれて)が1958年で、同じ年というか次のシングルといわないか、SPなんですけども「Bim Bom」ってスキャットの。

【細野晴臣】先週話は聞いたけど。
【伊藤ゴロー】「Bim Bom」これ細野さんにはピッタリだと思って。
【細野晴臣】ちょっと聴いてみましょうか。

「ゲッツ/ジルベルト」について

【細野晴臣】「Bim Bom」…若いよね、これ幾つくらいのなんのかな?
【伊藤ゴロー】20代後半。

【細野晴臣】変わらないね。声があんま。
【伊藤ゴロー】でも少し声が元気な声で多少。

【細野晴臣】元気がいいね、まだ。その後凄いよね。どんどん、どんどん声が沈んでいくというか。内向的になっていくというか…。であの、ジルベルトさんの音域と幸い僕ちょっと近いんだよ。

【伊藤ゴロー】いやいや、凄く同じこう…。
【細野晴臣】同じとは言わないでね、おこがましい(笑)。
【伊藤ゴロー】同じ帯域というか。

【細野晴臣】帯域が似ている。
【伊藤ゴロー】似ていますよね確かに。

【細野晴臣】だから他の人は高いからね普通の男の人って、高いというか僕に比べると。どっちかというと女性の帯域に近いんですよね。あの何だろうね…しょうがないんだけど、持って生まれた帯域なので。だから歌い難くはない…ですよね。その一緒に「歌ってくれ」といった難しい曲はスタン・ゲッツですよね。

【伊藤ゴロー】そうですね。
【細野晴臣】その頃のNYってそれ何年だ、70年代かな…。
【伊藤ゴロー】63年。

【細野晴臣】そうか…。それでその、どういう状況だったか知らないけどアストラッド・ジルベルトが、そこに居た訳だね。
【伊藤ゴロー】そうですね。

【細野晴臣】一体どういうことになったのあれ?
【伊藤ゴロー】あれは、まあジョアン・ジルベルトの当時の奥さんですよね。
細野晴臣】美人の奥さんがいて。

【伊藤ゴロー】まあ彼女もシンガーであったらしくて、彼女に歌わせようという。それはジョアンが歌わせたいのか、ちょっとまあ遊び、軽い気持ちで1曲歌わせちゃどうだ?ということだったらしいですけど。まあプロデューサーの…。

【細野晴臣】これは当たるぞみたいなことだろうね。
【伊藤ゴロー】クリード・テイラーが。
【細野晴臣】それでジョアンは落ち込んだのかな。そんなこともないの。

【伊藤ゴロー】いや、落ち込んだと思いますよ。だってあの、アルバムの方では歌ってるバージョンがあるのをジョアンの歌をカットして、アストラッドの歌でシングル…うーん。

【細野晴臣】それは心外だろうね。
【伊藤ゴロー】そうですね。一応ジョアン・ジルベルト・アンド・スタン・ゲッツみたいな。『ゲッツ/ジルベルト』というアルバムじゃないですか。それがシングルがアストラッド・ジルベルトという名義で…。

【細野晴臣】これはアメリカのね、ポップス業界の何かにやられちゃってという…。

【伊藤ゴロー】ねえ。どうだったんでしょうかね。
【細野晴臣】いやあ、何か気持ちは判るような気がする。だから混乱しちゃうよ、その後聴くと。ゲッツ・アンド・ジルベルトだと、ジョアンが歌っているけどね。

【伊藤ゴロー】そうですね。
【細野晴臣】まあその頃のその…あの難しい曲何だっけ?
【伊藤ゴロー】「プラ・マシュカー・メウ・コラソン」(Pra Machucar Meu Coração)

【細野晴臣】それそれ(笑)未だに覚えられない。それ聴こうかな。

【細野晴臣】(細野が歌うバージョンを聴きながら)恥ずかしいな、お邪魔だよ。
【伊藤ゴロー】いやいや、難しい歌ですよね。

【細野晴臣】難しかった…。いやいや冷や汗ものだよ。
【伊藤ゴロー】いや、いいですね。
【細野晴臣】でもこれは凄く原曲に忠実にやっていますよね、みんな演奏もね。

【伊藤ゴロー】そうですね。
【細野晴臣】原曲をかけるチャンスがなくなっちゃった(笑)。
【伊藤ゴロー】とでも素敵です、これも。

【細野晴臣】いい曲だなとは思いますけど。これはもう難しかったと。その後結構、クリスマスの「赤鼻のトナカイ」演ったよね。
【伊藤ゴロー】はい、『HoSoNoVa』で細野さんに歌っていただいて。

【細野晴臣】あれがね凄い好きなんだよ。あれは楽というか…気持ち良かった。
【伊藤ゴロー】僕も好きですねあれは。
【細野晴臣】あの時の弦アレンジとか凄いなと思ったんだけど。

【伊藤ゴロー】本当ですか。
【細野晴臣】ちょっとアバンギャルドで。
【伊藤ゴロー】お恥ずかしい…。

【細野晴臣】いや、何かまたやってほしいなと思うんだよね。
【伊藤ゴロー】あ、本当ですか。
【細野晴臣】本当、本当。

【伊藤ゴロー】やっていいですか?
【細野晴臣】いいよ、いいよ、やってよ。
【伊藤ゴロー】いや嬉しいな色々。

【細野晴臣】やることはいっぱいあるよ。
【伊藤ゴロー】じゃあ計画します。
【細野晴臣】ぜひぜひ。(つづく)

notfaleawaySQ_ad01




notfaleawaySQ_ad01




-MUSIC
-, , ,

執筆者:

関連記事

矢沢永吉×矢沢洋子 父娘対談(5)歌詞を書かない理由「メロディが降りてくるんだって判るけど詞は降りてこないんだもん」

NACK5の矢沢洋子「generock by yoko yazawa」の第2週目。矢沢永吉・洋子の親子対談。今回は歌詞に関する話題です。 【矢沢洋子】今回のミュージックビデオを観せてもらって、ジャケッ …

カマシ・ワシントン+ロバート・グラスパーらのスーパーグループのデビュー作

Kamasi Washington(カマシ・ワシントン)、Terrace Martin(テラス・マーティン)、Robert Glasper(ロバート・グラスパー)、9th Wonder(ナインス・ワン …

矢沢永吉×矢沢洋子 父娘対談(2)娘に昔の頑固オヤジぶりを暴露され「オレ、イメージ良くないよ(笑)」

NACK5の矢沢洋子「generock by yoko yazawa」での洋子×矢沢永吉の矢沢親子対談。ここでも、なかなか語られることのない家庭での父、矢沢永吉の話が、娘洋子から飛び出しました。 昔は …

【対談】細野晴臣×川添象郎『細野さんと語ろう!』トーク YMO海外の成功の真実「舞台監督に賄賂を渡して…」

インターFM「Daisy Holiday!」(2019年10月20日放送)で、 細野晴臣の音楽活動50周年記念イベント『細野さんと語ろう!~デイジーワールドの集い~」』(10月14日)での音楽プロデュ …

【話題のバンドの音楽ルーツ】the engyのフロントマン・山路洸至の場合「今年マーヴィン・ゲイを発見しました」

J-wave「TOKIO HOT 100」 hot 100」に10月29日にメジャーデビューEP『Talking about a Talk』をリリースするthe engyのフロントマン・山路洸至が出演 …